ビジネスローンとファクタリングの違い

2019/06/14

日頃よりピーエムジー株式会社 大阪支店
オフィシャルブログをご覧頂きまして有難うございます。

ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の福田と申します。

 

先日、銀行から融資を断られた企業様からお問合せを頂きました。

 

資金繰りが厳しくなりそうな段階から融資を申し込んでいたにも関わらず
時間が掛かるばかりで良い結果に至らなかったとの事です。

 

では、銀行融資の次に考えるべき資金調達方法とは
一体何が残っているのでしょうか?

 

その答えとしては『ビジネスローン』『ファクタリング』です。
銀行融資を断られた場合、この二つが有力な選択肢となります。

 

しかし、どちらも一長一短で
一概にどちらの方が資金調達コストが高いとも言えません。

ビジネスローンとファクタリング、どちらで資金調達をするべきかは
経営者や経理担当者の考え方によって変わってきます。

 

今回のブログでは、実際の会社経営者様や経理ご担当者様の評判をもとに
どのようにこの二つを使い分けるべきかを解説していきます。

 

 

●ビジネスローンの方が良いという方の評判

まず、ファクタリングよりもビジネスローンが良いという方は
「ファクタリングをよく知らない」「なんとなく危なそうで怖い」
このようなイメージをお持ちの方が多いです。

 

ファクタリングの認知度は近年上昇傾向にありますが、
それでもまだまだ”黎明期のサービス”と言っても過言ではありません。

 

ファクタリングについての知識がある経営者様の場合も
「売掛債権を売却することは何となく怖い」
「自社が勝手に売掛債権を売却して良いのか分からない」
といったお声もありました。

 

特に、取引先の債権を売却しようとすると
「取引先に今後の取引を減らされてしまうのではないか」という
漠然とした恐怖もあるようです。

 

ビジネスローンと違い、ファクタリング事業は誰でも営業出来るため
業者を見極めるのが難しいとのお声も頂きました。

 

その他にも「一度使うとずるずる使い続けそう」という評判もあります。

ファクタリングを行うと、将来入る予定の売掛金が無くなるため、
その時に資金が無ければ再度、ファクタリングを利用する他ありません。

 

 

●ファクタリングの方が良いという方の評判

ファクタリングをご利用された経営者様が、一番の利点として
「銀行やビジネスローンで断られていても使える」と仰っています。

 

銀行もビジネスローンも、利用者の信用や財務状態を重視します。

要するに”債務超過”や”手形の不渡りを起こした”など
著しく信用力や財務状態が悪い企業の場合は
銀行、ビジネスローン共に融資を受けることが困難です。

 

これに対してファクタリングでは”債権の内容”を重視します。

 

つまり、債務超過や不渡りを起こしていても
ファクタリングなら資金調達出来る可能性があるというわけです。

 

例えば大手企業で継続的に発生している売掛金や
病院の診療報酬債権など、質の高い債権を保有している会社は
ビジネスローンよりも有利な条件で資金調達出来る場合があります。

 

このようにビジネスローンとファクタリングは審査の基準が違うので、
ビジネスローンで十分な資金調達ができない企業でも
ファクタリングなら資金調達可能なのが魅力というお声が多いです。

 

その他に「融資への影響がない」という評判もありました。
銀行から借りてもビジネスローンで借りても、
信用情報には借入に関する情報は記載されてしまいます。

 

また、金融機関がこの情報を随時共有しているので
ある金融機関で融資を受けると、別の金融機関で融資を受けられる枠は
自動的に小さくなってしまいます。

 

それと同時に、ビジネスローンから借りると
その後に銀行からの借入が難しくなってしまいます。

 

その点では、ファクタリングは金融機関の融資枠への影響が無く、
信用情報にはファクタリングでの資金調達は記載されません。

 

このように「銀行の融資枠を減らさず資金調達できるのがメリット」
というお声が多数ありました。

 

・・・

以上のことを踏まえて、結局のところ
『ビジネスローン』『ファクタリング』はどちらが良いのでしょうか。

 

ビジネスローンとファクタリングは
全く別の資金調達方法なので、審査基準も違えばその効果も違います。

 

例えばビジネスローンと銀行融資のどちらも利用出来るなら
どちらも融資という基準で比較し、金利の安い銀行融資の方が良いと言えます。

 

しかしファクタリングは債権の売却で、ビジネスローンは融資なので
両者を共通の基準で比較する事は困難です。

 

良質な売掛金を保有している場合はファクタリング、
会社の信用状態に問題が無い場合はビジネスローンといった考え方が
一番分かりやすく、良い結果に繋がるかと思います。

 

ここは皆様の会社状況に合わせて判断するのが一番です。

 

弊社はファクタリングサービスを提供させて頂いておりますが、
実情としてはまだその便利さが正当に評価されているとは言えません。

 

資金調達と言えば「融資」がまず思い浮かび、
「ファクタリング」はどうしても特殊な資金調達と思われがちです。

 

しかし融資には、色々な弊害やリスクがあります。
一方でファクタリングには担保や個人保証などのリスクはありません。

 

銀行融資やビジネスローンに勝るメリットは沢山ありますで
資金調達をお考えの方は一度、
弊社のファクタリングサービスをご検討頂ければと思います。

 

初めてご利用されるお客様にも分かりやすく、
丁寧にご案内させて頂きます。

 

ホームページからのお申込みでしたら24時間受け付けておりますので
コチラからお問合せ下さいませ。

 

皆様からのお問合せをお待ちしております。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  福田