ファクタリングに消費税は掛かるのか

2019/04/03

平素よりピーエムジー株式会社 大阪支店
オフィシャルブログをご覧頂きまして誠に有難うございます。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店の鈴木と申します。

 

新年度に入り、もうすぐ一週間が経とうとしていますが、
やっと新元号が発表されましたね。

新元号は「令和」ということで
当然、まだ違和感を覚えて仕方ありませんが、
来月からの改元に向けて忙しくなられる業者様も多いかと思います。

 

忙しい時ほど全ての仕事を一気にやろうとはせず、
優先順位をつけて片付けていく事が大切になってきますので

出来るだけ心に余裕を持ち、ご自愛下さい。

 

新元号と共に注目されているものがもう一つあります。

 

過去、2014年4月に「8%」に引き上げられた後
2015年10月に「10%」へ引き上げられるはずだった『消費税』ですが

 

増税が経済や生活などに与える影響を懸念した結果、
政府は二度にわたり増税を先送りしました。

 

 

しかし”今回こそ10月1日に消費税が増税される”と囁かれている今、
ファクタリングと消費税の関係性についてお話させて頂きます。

 

 

そもそも、ファクタリングサービスは
『売掛債権を本来の支払いサイトよりも早く資金化するための手段

 

資金調達の手段に留まらず、資金繰りの改善にも役に立つ
従来の融資法とは全く異なるサービスです。

 

ファクタリングはノンバンクとは違い、利息は生じないものの
取引するにあたって売買損益(手数料)や諸々の費用を要します。

 

そうなると気になるのは
『売買損益に対して消費税などの税金は掛かるのかどうか』ですよね。

 

 

商品の購入やサービスに掛かる消費税の仕組みとしては、
「商品やサービスに対して支払いをする際に生じるもの」であり、
一般的には国税に相当します。

 

消費税を支払う対象となるのは「消費者」ですが、
”納税手続に関しては事業者が行う”という義務があるので
少し複雑なシステムとなっています。

 

消費税が掛かる条件としては、全ての取引に掛かるわけではなく
以下の一定の条件があります。

 

(1)日本国内での取引であること
(2)事業性に係る取引である
(3)対価を得られる事を前提とする取引であること

 

海外取引や対価のない取引(無料であるものや寄付・贈与など)、
家事消費による取引は『不課税取引』と呼ばれます。

 

また、不課税取引以外に消費税の対象として相応しくないものは
『非課税取引』と呼ばれ、消費税の対象外となります。

 

主な非課税取引は以下の通りです。

(1)土地の譲渡及び貸付け
(2)有価証券等の譲渡
(3)支払手段の譲渡
(4)預貯金の利子及び保険料を対価とする役務の提供等
(5)日本郵便株式会社などが行う郵便切手類の譲渡、
印紙の売渡し場所における印紙の譲渡
及び地方公共団体などが行う証紙の譲渡
(6)商品券、プリペイドカードなどの物品切手等の譲渡
(7)国等が行う一定の事務に係る役務の提供
(8)外国為替業務に係る役務の提供
(9)社会保険医療の給付等
(10)介護保険サービスの提供
(11)社会福祉事業等によるサービスの提供
(12)助産
(13)火葬料や埋葬料を対価とする役務の提供
(14)一定の身体障害者用物品の譲渡や貸付け
(15)学校教育
(16)教科用図書の譲渡
(17)住宅の貸付け

先に説明したように、ファクタリングは融資とは全く異なるものなので
有利子負債が増えず、メリットが大きい資金調達手段と言えます。

 

また、ファクタリングによって債権譲渡した売上高に関しては
上記の非課税取時期2項目目『有価証券等の譲渡』に値するので、
消費税取引の対象とはなりません。

 

要するに、ファクタリングに掛かる売買損益についても
消費税は掛からないという事です。

 

 

なお、ファクタリングに関連して発生する費用として
”債権譲渡登記費用”がありますが

 

登記を依頼した司法書士への報酬に関しては消費税が掛かるものの、
登録免許税や印紙代には消費税は掛かりません。

 

ですので、もしファクタリング業者からの見積書や請求書に
『消費税』と記載がある場合は
必ず、”何に課税されているのか”を確認するようにして下さい。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店では
明朗会計は当然の事だと考えておりますので、

 

ご契約やお申込みの際に少しでも疑問点がありましたら
その都度、ご納得頂けるまでしっかりご説明させて頂きます。

 

またご契約に関わる費用全般に関しましても
担当者から丁寧にご案内させて頂きますのでご安心下さい。

 

経営者様全員に「使い勝手が良い」と思って頂ける対応を
スタッフ全員が心掛けておりますのでどんな不安にもお答え致します!

 

ファクタリングをご検討の際は
是非、ピーエムジー株式会社 大阪支店までお問合せ下さいませ。

 

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  鈴木

 

One thought on “ファクタリングに消費税は掛かるのか”

Comments are closed.