複数のファクタリング業者から相見積もり(アイミツ)をとっていますか?

2019/03/15

いつもピーエムジー株式会社 大阪支店
オフィシャルブログをご覧頂き、誠に有難うございます。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の福田です。

 

 

日に日に暖かさを感じるようになってきましたが

まだまだ気を抜くと寒さを感じ、
体調を崩している方も多い時期ですが皆様体調は大丈夫でしょうか?

 

風邪や花粉など体調管理の大変な時期ですが
気を抜く事無くお仕事を頑張っていきましょう!

 

 

本日は『ファクタリングの相見積もり』についてお話させて頂きます。

 

ファクタリングに限らず、何かを購入したりサービスを利用する際に
同じ内容のもので複数の業者から見積もりを出して貰うのは
極めて一般的な事かと思います。

 

同じものであるならば
値段が安い方が良いに越したことはないですよね。

 

 

弊社にお問い合わせ下さるお客様の中にも
「他社の条件と比較検討中です」と仰る方が多く居らっしゃいます。

 

 

特にファクタリングは商品購入や他のサービスとは違い

●貸金業者の登録制と違い、誰でも参入出来る
●買取率の上限が定まっていない

 

といった事情があるからこそ
相見積もりは重要な事だと弊社も認識しておりますので、

もしお問い合わせの時点で弊社と他社様を比較されておりましても
特に問題はありませんのでご安心下さい。

 

 

銀行やノンバンク業者が取り扱うファクタリングや融資は
”利息制限法”の範囲内での費用となるので
ノンバンクであればどこの業者を利用しても利率は殆ど変動しません。

 

しかしファクタリングの場合は
業界への参入資格もなければ、買取率の上限も定まっていない為
各ファクタリング業者が買取率を独自に設定する事が出来ます。

 

例えば100万で計算すると・・・

■Aファクタリング会社:買取率90% 費用10万
■Bファクタリング会社:買取率80% 費用20万
■Cファクタリング会社:買取率70% 費用30万

という事も普通にあります。

 

これで見ますと、ダントツでAファクタリング会社が安いですよね!!

 

高額な登記費用を請求する業者もあれば
その他、事務手数料として諸費用を請求する業者も存在します。

 

こうした背景から、複数のファクタリング業者に見積りを取り
費用が低い会社と契約をした方が得策である事は間違いありません。

 

大事な売掛金を有効活用するためにも
複数のファクタリング業者から相見積もりを取る事はとても大切です。

 

 

そもそも現在、ファクタリング業界の買取率の相場は
概ね80%前後となっております。
※これは弊社の買取率の話ではなく、業界としての数値です。

 

この事を念頭に置き、ファクタリング業者に問い合わせをする際に
『買取費用以外の費用が幾ら掛かるのか』を必ず確認して下さい。

 

ちなみに弊社、ピーエムジー株式会社 大阪支店は
買取費用以外のものは発生致しませんので

 

お問い合わせやご契約の際に、
費用面に関してしっかりご納得頂くまでご説明させて頂きます。

 

 

相見積もりは少ないと比較が出来ず、
多すぎると資料の提出に時間が掛かり過ぎてしまうので

ファクタリング業者のホームページや規模などで三社程度に絞り、
そこから相見積もりを取る事をお勧め致します。

 

 

年々、右肩上がりにファクタリング業者の数が増え
どこがどのような実態の業者なのか判別がしにくくなっているからこそ

 

必要以外の費用や時間を取られてしまわないよう
十分にお気を付け下さい。

 

 

そして相見積もりの際には是非、

弊社ピーエムジー株式会社 大阪支店もご検討下さいませ。

 

皆様からのお問合せを弊社スタッフ一同お待ちしております。

今週もブログをご覧頂き、誠に有難うございました。

 

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  福田