後を絶たない悪質ファクタリング業者を避ける為のポイント

2019/01/18

いつもピーエムジー株式会社 大阪支店
オフィシャルブログをご覧下さいまして誠にありがとうございます。

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部の牛田です。

 

これまで弊社ブログにて度々
”悪徳ファクタリング業者”に関する情報をお伝えしてきました。

※過去の記事はこちら
悪質なファクタリング会社に引っかからない為に
ファクタリング業者の中に潜む悪徳業者の存在

 

しかしお問い合わせ頂いた経営者様や、ご新規のお客様方のお話をお聞きすると
弊社の基準では”悪徳”に値する業者をお使いの方も多々見受けられ、
悪徳ファクタリング業者が後を絶たないというのが現状です。

 

 

今回は、悪質なファクタリング業者を避ける為のポイントについて
更に詳しくお話させて頂こうと思います。

 

まず、以下にあてはまるファクタリング業者は
実際にはヤミ金業者の可能性が高いため絶対に避けるべきです。

 

①ファクタリングに担保が必要だと言う
ファクタリングは融資ではなく、売掛債権の売却です。
例えば100円のボールペンの売買の為に担保が必要ないのと同様に、
売掛債権とその代金の交換さえ出来れば他に必要なものはありません。

このような観点から考えると、ファクタリングに担保を求めてくる事業者は
ファクタリングと見せかけ、売掛債権を担保にしたヤミ金業者の可能性が高いです。

 

②ファクタリングに保証人が必要だと言う
また、上記の事例と同様に保証人を求められるケースについても注意が必要です。
ファクタリングは売掛債権の売買ですので一切保証人は必要ありません

保証人を求める場合は、ファクタリングと言いつつ
売掛債権を担保にした高利貸しを行おうとしている可能性が高いと言えます。

 

③振り込み口座がおかしい、もしくは現金で要求される
振込口座が個人口座の場合や、違う名前の法人口座、
また、現金での支払いを求められた場合は注意が必要です。

通常、法律により暴力団やその関連組織が銀行口座を持つ事は出来ません

よって振込手数料の口座が個人や違う法人の名前になっていたり、
現金での支払いとなっている場合は、暴力団の資金源となっている組織で
法人口座が作れない可能性があると推測されます。

ですので、振込口座が気になる場合や現金での支払いを請求された場合は
その業者を利用するのは避けましょう。

 

以上の3つのポイントにあてはまる場合は
”悪徳ファクタリング業者”と判断して問題ありません。

ただ、ある程度話を進めないと判断できないケースもありますので
慎重に話を進める必要があります。

その他にも悪徳ファクタリング業者を見抜くポイントが幾つかあります。

 

●会社の所在地がよく分からない、もしくはおかしい
ホームページを見ても会社の所在地が載っていない業者には注意が必要です。

注意すべき悪徳ファクタリング業者は店舗を構えていなかったり、
会社情報について虚偽表示を行っている可能性があります。
最低限、オフィスが存在しない業者には近付かない方が賢明です。

最近はインターネットで、その場所に直接出向くことなく
検索した住所の周辺写真を見る事ができます。
業者の所在地が怪しい場合は、その建物が本当に存在するかを確認して下さい。

そして、その建物がレンタルオフィスではないかどうかも
悪徳業者を見極めるポイントになりますので、事前に調べる事をお勧めします。

 

●固定電話を持っていない
ファクタリングに限らずどの業者であっても、営業マンが外回りに出ていて
固定電話で対応できない場合はあり得ます。

しかし固定電話をそもそも設置していない場合
ホームページの連絡先が携帯電話になっている業者には注意が必要です。

何らかの事情によって事務所に固定電話を引く事ができなかったり、
逃げる時にすぐ逃げられるように、固定電話を引いていない事が考えられるからです。

 

●ファクタリングの手数料が高すぎる、または極端に安すぎる
ファクタリングの手数料はその業者によって異なりますが
どの業者でも極端に変わるものではなく、ある程度の水準があります。

その点で、極端に手数料が低い場合や、
逆に極端に手数料が高いといった場合には注意が必要です。

また、ファクタリング契約を締結する前には、
債権を業者が評価して見積もりを作成するので
見積もりの算定根拠が不明確な場合は十分に注意して下さい。

 

●手続きが雑すぎる
ファクタリングは「売掛債権」という形の無いモノを売買するので
証拠がきちんと残る形で売買を行う必要があります

このように考えた時、手続きが雑すぎる会社については
ファクタリング業者ではなくヤミ金業者の可能性が大いにあります。

仮にきちんとしたファクタリング業者でも
契約の仕方によっては後々トラブルになる可能性もありますので注意が必要です。

例えば、申込時に要求される書類が少なかったり、
売却しようとしている債権の納品書や入金履歴のコピーなど
明らかに債権の売却に必要な書類を請求してこない場合、
ファクタリングでなく貸し付けを行おうとしている可能性が高いと考えられます。

また契約書を作らない、中身をきちんと説明しない業者についても注意して下さい。

 

上記の情報を初め、弊社では日々

独自の情報網を使い、ファクタリングサービスに関する様々な情報収集を行っております。

 

現在お使いのファクタリング業者が上記の項目にあてはまる場合や、
少しでも現状にご不満やご心配がある経営者様は、弊社まで是非ご相談下さいませ。

弊社スタッフが親身に対応させて頂き、
必ず経営者様にご納得頂けるよう尽力させて頂きます。

 

資料請求なども受け付けておりますので
お気軽にお電話・メールにてご連絡下さいませ。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  牛田

 

One thought on “後を絶たない悪質ファクタリング業者を避ける為のポイント”

Comments are closed.