【お盆期間中の営業のご案内】とファクタリングのメリット・デメリット

2018/08/10

平素よりピーエムジー株式会社 大阪支店のオフィシャルブログをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
ピーエムジー株式会社 大阪支店 支店長の山内です。

最初にお盆期間中の弊社の営業についてですが、
8月13日(月)~8月16日(木)のお盆期間中も弊社は9:30~19:00まで通常通り営業しております。
急なご相談にも対応出来るよう万全の準備を整えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

さて、ここから本題に入らせて頂きます。

今回は昨今、資金調達方法の一つとして利用が増加しているファクタリングサービスの
メリットデメリットについて簡単にご紹介させて頂きます。

まずファクタリングのメリットを挙げますと
①即日での資金調達が可能
②審査基準が柔軟
③保証人や担保が不要
④回収義務が無い
⑤信用情報へ影響しない
⑥秘密裏に資金調達が可能(二社間契約の場合)

最も大きなメリットは調達スピードで、最短一日で資金調達が可能ですので
ここは審査に何週間も要する銀行系融資とは一線を画しているメリットと言えます。

更にファクタリングは融資では無く、あくまで債権の買取りなので
売掛金の存在証明や売掛先企業の安定性が説明出来れば、多少の債務超過や税金等未払いがあっても融通が効きます。

そして借入金に対して大きなメリットとなるのが、保証人や担保が不要な点です。
ファクタリングは売掛債権(=資産)を売却する取引なので
車や時計を売るように、その資産の対価を手に入れることが出来ます。

また、債権そのものを譲渡するため、万が一売掛先が未払いや破綻を起こしたとしても
経営者様がその責任を負うことはありません。
取引先の倒産リスクを回避できるのは大きなメリットです。

信用情報に関しては、ファクタリングサービス自体が会計上も負債には分類されず
決算書上赤字が増えることも無いので、今後の融資審査や株価・対外信用力にも影響を及ぼす事はありません。

最後に、二社間ファクタリングの形で取引をすれば、売掛先に通知がいかずに資金調達が可能なので
周囲にも資金繰りの悪化を晒す必要無く、極内密に資金調達を進める事が出来ます。

ここまではファクタリングサービスのメリットについてお話させて頂きましたが
次にデメリットについても簡単にお話したいと思います。

デメリットを簡単に挙げると、メリットより事項が少なくはなりますが
①手数料が掛かる
②債権譲渡登記が必要な場合がある

この上記2点がデメリットとして挙げられるかと思います。
当たり前と言えばそれまでですが、借入時の金利に相当する手数料が発生します。

弊社は手数料面で業界最安値をモットーとしておりますが、
ファクタリング業界間では基本的に銀行金利やノンバンク金利、手形割引の割引率に対して手数料が高めに設定されています

次に債権譲渡登記ですが、売掛金の受取権利がファクタリング業者にあることを公的に証明する為に
債権譲渡登記を求められる事があります。

弊社も原則としては債権譲渡登記をお願いしてはおりますが
そこは経営者様とご相談させて頂いた上で柔軟に対応し、留保という形での契約も可能です。
債権譲渡登記を入れるからと言って、高額な登記手数料を頂く事などありません。

今回はファクタリングサービスのメリットとデメリットについて簡単にお話させて頂きましたが
決して、闇雲にご利用を推奨するよう促しているわけではありません。

大切なのは、『本当に資金調達が必要か否かを冷静に考える事』『収支のバランス』です。

簡単且つ早期に資金が手に入る反面、代償として少なからず手数料が発生してしまいますが、
ファクタリングは使い方さえ間違えなければ本当に理に適ったシステムです。
だからこそ行き詰まった経営難を打破するツールにも成り得ます。

ピーエムジー株式会社 大阪支店ではファクタリングと同時に経営コンサルティングも行っておりますので
ファクタリングをご利用して頂きながらも、将来的に安定して会社を運営していけるよう
同時進行で経営に関するアドバイスをさせて頂きます。

経営者様に寄り添ったサービスを提供出来るよう、弊社スタッフ一丸となってサポートさせて頂きますので
どんな事でもピーエムジー株式会社 大阪支店までご相談下さいませ。

詳しい資料の請求等もお気軽にご連絡下さい。
電話、メールにて迅速にご対応させて頂きます。

最後になりますが、今後ともピーエムジー株式会社 大阪支店をどうぞ宜しくお願い致します。

ピーエムジー株式会社 大阪支店
支店長  山内