ファクタリングの審査で重要視される部分とは?

2018/05/08

ファクタリングをご検討されている経営者様へ

 

いつもピーエムジー大阪支店のオフィシャルブログをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の松本です。

皆様ゴールデンウィークはいかがでしたか?連休も明けてこれから気温も上がっていきますので体調管理に気を付けてお仕事頑張っていきましょう!

 

今回はファクタリングのご利用を現在ご検討中の経営者様に、スピーディにお悩みを解決できるようお届けさせて頂きます。

 

まず一番に注意して頂きたい点はいつ、いくら必要なのかというところです。

 

おそらくオフィシャルブログをご愛読して頂いててファクタリングをご検討されている方の多くは、急な資金繰りにお悩みかとは思います。

一日でも早く資金調達しなきゃいけない状況で、無駄な手間や煩わしい説明に時間を取られているのがもったいないです。

申し込みたいけど審査が通らなかったらと思うと申し込みをするのも少しためらってしまいますよね。

 

金融機関の場合、借りる企業の返済能力、信用力を審査します。

 

・営業利益よりも借りてる金額が大きすぎる

・赤字決算

・税金未納

・リスケ中

・過去に返済事故をおこしている

・経営者様が債務整理や自己破産をしている

 

このような事があると審査に通らず、資金調達できません。

 

しかしファクタリングは審査の内容が全く異なってきますので、上記のようなお悩みは不要です。

なぜなら、ファクタリングの審査では企業様ではなく、売掛先の返済能力、信用力が重要になってくるからです。

売掛先の信用力さえあれば、売掛債権の範囲内での資金調達にはなりますが、すぐに申し込みをするメリットはあるのです!

 

「売掛先に承諾を得ないといけないなら無理」

このようなご相談をうけたことがありますが、心配ありません!

2社間契約をご希望して頂ければ、売掛先に全く知られずに資金調達する事が出来ます。

 

いざ申し込みをしようと思った時に、必要書類などが多くて契約まで時間がかかるんじゃないかと考える方もいらっしゃると思います。

それも心配ありません。ファクタリングの審査で必要な書類は、直近3ヵ月分の通帳のコピー、売掛先の情報と過去3ヵ月分の請求書、決算書2期分だけ頂ければ数時間で審査結果がでます。

なので即日に資金調達が可能なのです!

 

急な資金繰りの際にはファクタリングが最適ですね。

 

最後までご愛読頂き誠にありがとうございます。

今後もピーエムジー 大阪支店をよろしくお願い致します。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店

営業部 松本