コロナ不況で中小企業が頼りにしている『ネットファクタリング』とは・・?

2021/02/08

いつもピーエムジー大阪支店ブログをご覧いただきありがとうございます。
ピーエムジー大阪支店 営業部の尾瀬戸です。

 

緊急事態宣言の延長で、売上げ減が避けられず、資金繰りにあえぐ観光業や飲食業の方は多数居られます。

 

その頼みの綱となっているのが『ネットファクタリング』だそうです。

 

ファクタリングとは元来、資金化されるのがまだ先の売掛債権を買い取るサービスで
利用者は本来の入金日より前に現金化が可能となり、
急な材料費や新たな工事を請けるための資金として利用することが可能です。

このファクタリングをインターネット経由で提供するのが『ネットファクタリング』で
新型コロナ禍の中小企業の救世主となっているそうです。

 

 

ネットファクタリングの流れとしては、オンラインにて申し込みをし、
AI(人工知能)で審査が行われるそうで、最短即日入金される迅速さが「売り」となっています。

買取手数料としては2~10%が一般的とされており、
債権額からこの買取手数料を差し引いた金額が、買取金額となります。

 

 

こうしたネットファクタリングは、日本で既に3社ほどが実施しているとのことです。

 

新型コロナウイルスは今や、世界的な拡大を強いられており、
ファクタリング事業は世界規模で急拡大していると言っても過言ではありません。

 

しかしファクタリング業者の国際団体である『FCI』の調査によると、
日本のファクタリング市場規模は約6兆円で、アメリカやフランスなどに比べて1桁少なく、
市場拡大の余地はまだ十分にあるそうです。

 

金融機関もネットファクタリング事業者との業務提携に乗り出しており、
ネットファクタリング会社へ顧客をつなぐことで、紹介手数料を獲得するのが目的のようです。

 

 

ただ、一部でファクタリング会社をかたる違法な貸金業者も多数摘発されています。

↓前回の記事も参考にして頂ければ幸いです。

また逮捕・・・ファクタリング業者を装い、ヤミ金融を営んだ業者 | ピーエムジー大阪

 

 

金融機関の融資には相当な時間を要します。
そういった意味でもファクタリングの需要はますます増加するはずです。

 

弊社も、迅速な対応と適切なサービスで中小企業様のサポートをさせて頂きますので、
まずは一度ご相談下さいませ。

 

今後ともピーエムジー大阪支店をよろしくお願いいたします。

 

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  尾瀬戸(おせど)