先日お問い合わせ頂いたお客さまからのご質問について

2020/12/18

 

いつもピーエムジー株式会社 大阪支店ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の岡田です。

 

年の瀬も近くなり、新規のお問い合わせ件数も多くなってきています。

弊社は年内の営業は12月30日までですのでご注意くださいませ!

 

さて、先日お問い合わせ頂いたお客様についてご紹介したいと思います。

 

これまでにファクタリングのご利用経験の無いお客様で
ファクタリング取引自体に不信感を持っていらっしゃるようでしたが、

お電話でのヒアリングの際に、簡単にファクタリングのシステムについて
弊社での過去の事例を交えてご説明したところご理解いただけたようでした。

 

二社間ファクタリングをご希望でしたので、審査に必要な書類等をご説明した後、
お客様より「融資額として、いくらまで可能ですか?」とご質問がありました。

 

弊社が行っているのはファクタリングサービスであって、融資ではありません!

 

よくお客様から「ファクタリングって貸金とは違うのか?」といったご質問を頂きますが
このブログ内でも何度もご紹介している通り、
ファクタリングサービスは貸金業とは全く異なります。

弊社の提供するファクタリングサービスは完全な売買契約となりますので、
十分にご理解いただいた上でご契約くださいませ!

 

 

補足として・・・

『貸金業』とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介を業として行うもの、とされています。

弊社の売掛金買取りサービスは完全な売買契約となり、償還請求権のないご契約です。

 

 

次に、償還請求権とは?

万が一、対象の売掛債権がデフォルトした場合に、
デフォルト相当額をリコースするか否か、という事です。

”デフォルト相当額=買取りした債権額を請求、または補償するか”となります。

 

弊社の契約は、償還請求権のないご契約なので、
そのデフォルトリスクも含めて買い取りをさせて頂いております。

 

コロナウイルスの感染者数はなかなか減少しませんが、
皆様お身体に気を付けてお仕事を頑張っていきましょう!

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  岡田