”業績マイナスの影響”の見込み・・状況を打破するには?

2020/03/19

日頃よりピーエムジー株式会社 大阪支店
オフィシャルブログをご愛読頂き有難うございます。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の佐藤です。

 

連日、ニュースは新型コロナウイルスのことばかりで少し気が滅入ってしまいますよね。

 

日に日に世界情勢も変わっていて
今後に不安が残りますが、出来る対策から徹底して行っていきましょう。

 

一人ひとりが出来る対策としましては下記の3つが有効的な対策とされています。

(1)手洗い
(2)普段からの健康管理
(3)適度な湿度を保つ

マスクなどが入手しにくい状況ですが、
心掛け次第で対策は可能ですので是非とも実践していきましょう!

 

 

さて、先週のピーエムジー福岡支店のブログにて、福岡支店 支店長の松本より
『新型コロナウイルス関連倒産』についてお話させて頂きました。

『新型コロナウイルス関連倒産』と今後の景気 | PMG福岡

平素よりピーエムジー福岡支店ブログをご覧頂き誠に有難うございます。 福岡支店 支店長の松本です。 ここ一週間 …

 

既に大規模イベントの中止や商業施設の営業時間短縮、
臨時休業や時差出勤などが各地で行われており
国民生活だけでなく経済活動にも大きな影響が及んでいます。

 

そこで、帝国データバンク(TDB)大阪支社にて
新型コロナウイルス感染症に対する近畿2府4県企業の見解について調査が実施されました。

 

その調査結果によると、

(1)新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響、
『マイナスの影響がある』と見込む企業は68.1%

その内訳とみてみると、
「既にマイナスの影響がある」が33.3%、
「今後マイナスの影響がある」が34.8%となったそうです。

『影響はない』とする企業は15.2%だった一方、
『プラスの影響がある』見込みの企業は1.7%に止まりました。

 

 

(2)上記の調査で『マイナスの影響がある』と見込む企業を日別に見てみると
日を追うごとにマイナスの影響を見込む企業が増加し、
2月14日から2月29日までで22.1%も増加しました。

また、新型コロナウイルス感染症の基本方針が決定して以降は
その傾向が顕著に表れ、半数近くの企業がマイナスの影響を受けています。

 

 

(3)そして『マイナスの影響がある』と見込む企業を業種別に見ると
再生資源卸売」「繊維・繊維製品・服飾品小売」「旅館・ホテル」と、なっています。

 

 

このようにこれから先、新型コロナウイルスの影響は様々な業種に及び、
マイナスの影響を見込む企業は増加すると考えられます。

 

こうした状況化では銀行融資なども急を要するためアテにならず、
緊急の資金調達が難しくなります。

そんな時でも弊社でしたら最短即日中に資金調達が可能です!

 

ファクタリングは売掛金を買い取らせて頂くサービスです。

 

取引先の倒産や売上の増減で資金ショートした、税金を滞納している・・・

そんな経営者様でも問題なくご利用頂けるサービスです。

 

ファクタリング事業

ピーエムジー大阪支店は、大阪に拠点があるので、主に西日本の資金調達のご相談に即日ご対応しています。 東は愛知県から西は九州・沖縄まで、出張致します。 まずはお気軽にご相談ください。 銀行から融資が受けられない キャッシュフローが心配 業務拡大により、資金が必要 税金を滞納していて借り入れができない 取引先の倒産、手形決済の資金が不足しそう 担保や保証人がいない 売上増減で資金ショートした …

 

上記のページから、ファクタリングサービスについての詳しい説明もご覧いただけます。

 

こうした状況だからこそ、早急に対応が出来る弊社で資金調達をお考え下さい。

 

全ての経営者様のサポートが出来るよう全力でご対応させて頂きます。

今後ともピーエムジー株式会社 大阪支店を宜しくお願い申し上げます。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  佐藤