ファクタリング業者を選ぶ際に注意したい"別途費用"の裏側とは?

2020/02/07

 

日頃よりピーエムジー株式会社 大阪支店のブログをご覧頂き
誠にありがとうございます。

ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の岡田と申します。

 

今週の大阪は寒波の影響でかなり冷え込みました。
暖冬と言われているだけに、一気に寒さが身に染みますね。

皆様、体調にはくれぐれもお気を付けください。

 

さて、今弊社のブログをご覧になられている方は
ファクタリングで資金調達を行おうと思われている方が大半かと思います。

実際に銀行融資などよりも手続きが簡単なことに加えて
赤字だったとしても利用できる確率が高いのがファクタリングの特徴です。

 

そんなファクタリングを利用するためには
まず初めにファクタリング業者を選ぶ必要があります。

 

しかし、一言で"ファクタリング業者"と言っても
その数は片手に収まらないほど多く、
その中から適切な業者を選ばなくてはいけません。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが
リスク面で言うと2社間ファクタリングの方が
ファクタリング業者が抱えるリスクが大きくなります。

 

しかしその中でも、法外とも言えるような買取手数料(買取率)を
設定しているファクタリング業者も実際にあります。

 

ただ、買取手数料が高い業者だけを避ければ良いのかと言うと
そうでもなかったりします。

 

買取手数料が低すぎる業者も要注意で、
これが極端に低い業者に関しては
別途、利益を得ようとしている可能性が高いと言えます。

 

ファクタリングにかかる買取手数料は安く済んだとしても
書類作成費やその他の事務手数料など
数十万円以上の費用を設定している業者もあります。

 

事務手数料などが発生する場合、予め説明があって当然ですが
悪徳業者の場合は後から要求してくるケースもあります。

 

なので、契約書の内容などは常に詳しく確認し、
分からない箇所に関してはこまめに質問するのがベターです。

 

 

今回のブログでは、ファクタリング業者を選ぶ際に注意したい
費用面の裏側についてご紹介させて頂きました。

 

初めてファクタリングをご利用になられる方は特に
相見積もりをかける、インターネットで業者を調べるなど
事前にファクタリング業者を選別することが重要です。

 

弊社、ピーエムジー株式会社では
ファクタリングにかかる費用以外のものは
一切かからずにファクタリングをご利用頂けます。

 

事務手数料、登記費用などが発生する業者様もありますが
弊社では明朗会計で分かりやすく
お客様に自社のサービスをご説明しております。

 

また契約時なども、ご不明点があれば
営業スタッフが親身になってご対応しておりますので

初めてファクタリングをご利用になられる方でも
安心してお使い頂けるはずです。

 

弊社のサービスに興味を持って頂けていましたら
是非一度お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

今後ともピーエムジー株式会社 大阪支店を
どうぞよろしくお願い致します。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  岡田