お問合せの多い”運送業様”がファクタリングをご利用される理由

2019/09/27

 

いつもピーエムジー株式会社 大阪支店
オフィシャルブログをご覧頂き誠に有難うございます。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店 支店長の福田です。

 

三連休明けの今週は九州地方で竜巻とみられる突風や台風17号の影響を受け、
多くの方に影響が及んだ事かと思います。

弊社のお客様の中にも被害を被った方居らしたので、
郵送物が届かないなどのアクシデントがありました。

 

季節の変わり目は天候が不安的になり
予測出来ない事態が立て続けに起きていますが、皆様お気を付け下さい。

 

 

さて、ここのところピーエムジー株式会社 大阪支店では
運送業様からのお問合せが多い傾向にあります。

 

弊社全体の割合的にも運送業様からのお申込みが多いのですが、
その理由としては”支払いサイトが長いから”だとどの運送業様もおっしゃられています。

 

締め日から支払い日までの猶予期間を「支払いサイト」と言いますが
一般的な企業間取引において、月末締め・翌月末支払いが圧倒的に多く、
この場合の支払いサイトは30日サイトとなります。

 

しかし運送業様の場合、この支払いサイトが二ヵ月や三ヵ月となることも珍しくなく、
手形支払いの名残もある事から支払いサイトがもっと長引いてしまう事もあります。

 

入金までの期間が長いために、
その間に発生する燃料費や人件費などの費用を立て替える必要があるので
資金繰り困難に陥る運送業様が多いというわけです。

 

また、支払いサイトが長いことに加えて
燃料費や高速道路などの料金の高騰も、資金繰り多忙の原因となります。

運送業様の多くはトラックを使用しておられますが、
その燃料であるガソリンは、仕事をする上で必要不可欠です。

 

遠方への配送の場合は必然的に高速道路も利用せざるを得ないので
その料金も負担となります。

 

更に、下請け様や孫請け様といった運送業様の場合は
仕事を多く請けた方が売り上げに繋がるという面で
取引先様との関係は良好である必要があるかと思います。

 

ですので、急な仕事への対応も必要となり、
そのために日雇いでの人材確保など、また資金が必要となります。

 

 

こうした現状から、運送業様からのお問合せが非常に多く
お悩みに直結した解決法を提示できるかと思います。

 

 

弊社では最短一日での資金調達が可能ですので
お申込みに係る資料をスムーズにご用意頂ければ、即日でのご契約も可能です。

 

運送業様において、ファクタリングでの資金調達は一般化されているので
取引先様から合意を得た上での3社間ファクタリングをご利用の方も多くいらっしゃいます。

 

取引先様からの合意が得られないという場合でも2社間ファクタリングをご利用頂き、
取引先様に知られる事なく資金調達が可能です。

 

 

今回は運送業様を例に挙げてお話させて頂きましたが、
同じように資金繰りにお悩みの経営者様それぞれの状況に合わせ
最適な方法での資金調達をサポートさせて頂きます。

 

今後ともピーエムジー株式会社 大阪支店を宜しくお願い致します。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
支店長  福田