何故悪徳なファクタリング業者が存在するのか

2019/09/20

いつも大変お世話になっております。ピーエムジー株式会社 大阪支店 営業部の牛田です。

 

今回も弊社ブログをご覧下さり誠に有難うございます。

 

ここ数日、過ごしやすい気温が続き夏の終わりを感じさせるような時期となりました。
季節の変わり目ですので皆様、体調に気をつけてください。

 

 

さて、今回のブログでは悪徳なファクタリング会社が多く存在する理由について少し書きたいと思います。

 

 

昨今、経済産業省や中小企業庁なども正当な資金調達方法として利用を促進しているファクタリングサービスではありますが
現状としてファクタリングに関わる法整備は十分とはいえません。

銀行やノンバンクなどの金融機関は「貸金業法」によって規制を受けています。

しかしファクタリング会社にはそのような規制がございません。

一見すると資金を調達するので貸金業のように見られがちです。

しかしファクタリングはあくまで「売掛債権を売買する取引」であり貸金業の規制を受ける融資ではありません。

 

つまり政府の許認可を得た貸金業者でなくても、資金さえあれば誰でもファクタリングの仕事ができてしまうのです。

そういった背景もあり、反社会的勢力など不適切な業者も参入してしまうこともあります。

 

そして、日本には現在約250万社の会社がありますが、

黒字の会社は4社に1社しかないと言われております。

つまり、75パーセントは赤字経営となっております。

それ故に、ファクタリングの市場規模も年々拡大しており

現在は私たちにも把握できないほどの沢山のファクタリング会社が存在しており、

尚且つ増え続けているのが実状です。

 

ファクタリングをご利用する上で悪徳業者には引っ掛からない為のポイントも

過去のブログで投稿しておりますのでご覧いただければと思います。

 

ファクタリング会社を選ぶときはホームページや帝国データバンク、

東京商工リサーチ等で企業情報を調べることをオススメ致します。

 

私共ピーエムジー株式会社は契約の透明性や業界最高値買取率でご利用いただいたお客様から高い評価を得ております。

今すぐに必要な方だけではなく、もっと詳しく話を聞いてみたいという方もお気軽にお問い合わせください。

 

交通費など無料にて、実際にお会いしてご説明することも可能でございます。

経験豊富なスタッフが、熱意ある対応でお悩みを即座に解決致します。

 

 

そして、この度ですが、毎日新聞出版様が発行している

9月24日号週刊エコノミストに広告掲載されております。

 

 

 

経済専門の週刊誌で、日本の成長率、来年度は0.8パーセントなど

私も気になるような記事が多数書かれております。

興味を持たれた方は是非お読みください。

 

長くなりましたが最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
ファクタリングは安心してお取引できる会社、ピーエムジー株式会社までお問い合わせください。

 

今後ともピーエムジー株式会社 大阪支店を宜しくお願い致します。

 

ピーエムジー株式会社 大阪支店
営業部  牛田